2014年1月15日現在
>改善点
・NPCとの会話後、立ち絵をフェードアウトさせず即消去し、
 プレイヤー様の待ち時間を少し短縮しました。
・戦闘中のセクハラアニメを「↑(上矢印)長押し」で再生中断できるようにしました。

==================================
 

新作「軍師アンネリッテ」を2月中旬ごろに発売する予定です。
表紙























サンプル1























サンプル2
























サンプル3


























当作品について、こまごまとした説明を下に列記してみました。
長文・駄文はご容赦ください。

■今回の作品はストーリー重視で作成しました。
 事件やトラブルなどが発生していくことによりストーリーが展開してゆきます。
 すべてのHイベントをクリアしなくてもゲームクリアできます。

 「軽いセクハライベントは回避できないものもありますが、
  陵辱イベントでは、「相手を倒す」を選択することで
  一度も犯されることなくクリアすることも可能です。」
 と、記述していますが、これは誤りでした。どうしても回避できない濃厚エロイベントが
 いくつか存在します。誤記述、申し訳ありませんでした。(訂正日2014年1月12日)
 
 ちなみにストーリークリアすると、「Hシーン全解放」アイテムを入手することができます。


■服の破れ具合に応じて、敵のセクハラ攻撃が発生します。


■主人公が人工チンポを装着して、ひとりひとり中出し受精させる必要がありますが
 町やフィールドにいるおねえさん全員のチビキャラを、
 全裸ボテ腹にすることができます。(妖精、おばさん、おばあさんは対象外)


■メニューの「Hな思い出」から見れるアニメの中には、ループ機能と射精機能があります。


■最初の敵ボスを倒していない状態だと、淫乱度は80%前後までしか上がりません。
 また国民の理性は50%前後までしか下がりません。
 体験版では最初の敵ボスまでたどりつくことができませんので、
 淫乱度は80%、国民の理性は50%前後で止まることになります。


■体験版ではHアニメ7つ、Hイベント2つをお試しいただくことができます。


■Windows8でも動作すると思いますが、RPGツクールでは保証されていませんので
 当方も確証はございません。

■国民の理性が0になるとBADENDになってしまいますが、
 BADENDを何度も繰り返すのは面倒ですし、それを回避するために
 理性の回復作業をいちいちするのも面倒になると思います。
 そこで、ストーリーの途中で、国民の理性が下がらなくなるアイテムを
 準備しました。これで面倒がなくなると思います。


■主人公が敵の策略に気づくことができなければ、そのつど国民の一部が
 死んでしまい、後味の悪いまま次へと進むことになるかもしれません。


■「Hな思い出」リストは、
 作成期間中に思いついたHシーンから順に作成して配置していますので
 H発生順にはほとんど並んでいないような気がします。ですから序盤で発生するHでも
 リストの下のほうに表示されるモノがあったりするかもしれません。


■「Hな思い出」の中には「通常モード」と「淫乱モード」のどちらかを
 選択できるようになっていますが、それらの違いはそんなにありません。
 CGと文章の一部が多少違う程度です。例えば、淫乱モードの場合は
 主人公のろれつが回らなくなったり、アヘ顔になっていたりというぐらいのものです。


■着せ替えパンツや小物は各HCGには反映されません。
 ただし着せ替えコスチュームは、専用のHシーンを各々作成しています。


■戦闘中に発生する膣内腸内断面図アニメは、
 前作「シスターユリ」のモノをかなり転用しています。
 よって紹介文の「Hアニメ25種」の数字には、その数を足していません。


■この作品にはバニーガール姿の精飲シーンがあります。
 そのシーンCGは、前々作の「メス豚勇者」にあるポーズを参考にして作成しました。

 あと、「腸内大量射精&ケツ穴ザーメン噴射」アニメが当作品にありますが、
 前作の「シスターユリ」内にあったアニメの構図を参考にしています。
 ちなみに、良いと思われる、または私が気に入っているエロポーズやエロシーン
 (例えば、睡眠輪姦、3穴同時陵辱、腸内大量射精などなど・・・)は、いままでのように
 今後の作品にも活かしていこうと思っています。もちろん、CGは一から新しく書き
 下ろしてゆきます。

■このゲームにはグロやスカトロシーンは一切ありません。


■他のソフト等によってパソコンに負荷がかかっていると、
 その影響によって当ソフトのアニメがカクカクして、
 本来のアニメーションの動きを楽しめない場合があります。
 その場合はパソコンを再起動してみてください。
 一例として、ウイルスセキュリティのアップデート後に負荷がかかり、
 パソコン全体の動きが遅くなる事例があるようです。